気付き

どうもです。
近所に生えている「むかご」の成育を
見守っているインチョです。
「むかご」を知らない人が多いと知って
自分が田舎者だなぁと感じたりしますね。


先日、あるご婦人が
「おかしいわぁ…、おかしいわぁ…」

と言いながらやって来た。

「どうかなさったんです?」

と聞いた所、

自損事故で車を大きく凹ませてしまったとの事。


仕事帰りに通る細い路地で
比較的傾斜のキツい下り坂

傍にはガードレール


そこに右折で進入した後
どういうわけか
アクセルとブレーキを踏み間違えて
突進したのだそうな。


テレビなどの報道でも
その手のトラブルをよく耳にしますが

自分の経験だと
「そんな事があるのかなぁ」と
思ったりもしていたのです。

が、実際にいた。


普通に考えれば有り得ない様な事でも
ちょっとした事で起こり得る事なんだと
実感しました。

乗り慣れた車でも地域でも
運転は慎重にしなければいけませんね。

みなさんも気を付けて下さいな。



続けて
「何がおかしいのです?」
と聞くと



「いや、私、ゴールド免許なのにおかしいわぁ…」

だって。






そこかーい!(笑)



ゴールド免許なんて関係無くね?
ってなもんですな。

本人は至って真面目にそれを
疑問に思っていたようでしたが

その間違いに早く気付いて欲しいですね。



「気付き」って
いろんな所で大切ですね。

私も患者さんを前にして
いつもそう思います。

同業者仲間などとよく話していて

『何とはハッキリ言えないけれど、何かがおかしいと感じる事があるよね』

という事があります。

それは
普段から患者さんを注意深く観察する事で
その日の雰囲気や言葉等から感じられるものなのかも知れません。

触ったり調べたりしなくても
時にそういう事があるものです。


慣れてマンネリ化した時にこそ
改めて用心深くなる事も大切です。

そこに『気付き』が生まれると思うし
物事をよい方向に導いてくれる事になると
感じています。



幸いそのご婦人は
怪我も無く車の修理も安価で済んだと
いう事で良かったです。


ただ

どんなに腕の良い板金屋さんでも

凹んだ車は治せても
凹んだ気持ちまでは治してくれませんな


物損であれ
人身であれ

事故って嫌なものです(経験者)


凹ませるのは
腹の肉くらいにしたいですな(笑)




追伸

むかごご飯は懐かしい味です。



はなわ治療院HPはこちらから

[PR]
by real-incho | 2011-09-14 10:14 | 徒然