眼球を動かす筋肉の話

たまには身体のお話です。



パソコンでの仕事や
スマートフォンの普及に伴って
目ん玉が疲れる人が増えていますね。


凝り固まった身体をストレッチや運動でほぐすというのは知られた事実ですが、眼球を動かす筋肉にもそれは該当します。



眼球を動かす筋肉は

1.上直筋
2.下直筋
3.内側直筋
4.外側直筋
5.上斜筋
6.下斜筋

の6つ。

d0249630_16283992.jpg


なんてシンプルなネーミングなのでしょう(笑)

これらが単独ないしは同時に複数働く事でご存知の眼球運動になっているわけですね。


手足に着いてる筋肉と違い
眼球を指で摘まんでストレッチしたりする事ができないので、いろいろな方向に大きく動かすのがよろしいでしょうな。

力こぶを作る(肘を曲げる)時に
振りそで筋肉(上腕三頭筋)が緩むように、特定の筋肉に力を入れると拮抗する作用のある筋肉が弛緩するという身体の仕組みを逆手に取った方法です。

また、筋肉は収縮と弛緩を繰り返す事によって血液を排出したり吸収したりします。


こんな方法で
眼精疲労を和らげてみるのも
お金がかからなくてよいのではないでしょうか。




簡単ですが
今回はこの辺で。



はなわ治療院HPはこちらからどうぞ
[PR]
by real-incho | 2013-06-20 15:02 | 身体の話