おもちゃ呼ばわり

運動器系の慢性疾患を主に取り扱っていますが、付随してリハビリやトレーニングを指導することも少なくありません。

ジムとしての機能を備えてはいませんから専門的にそれを行うことはできませんが、そもそも手軽にお金をかけず行えるという利点を考えれば、理論や方法をお伝えすることで用が足りることも多いです。

反面、世間ではお金をかけたり通ったりすること自体に満足感を得てしまうという傾向があったり、一人ではなかなかできないということもあり難しく感じることもありますが。



一般レベルのトレーニングやリハビリでは案外簡単な方法が望ましいと私は思っていて、わざわざマシンや道具を使わなくてもそれを満たせると思うのです。
(商売的にはよろしくないのでしょうが)

というわけで
「例えばこんなものを使って自宅でもできますよ」という感じで使用するちょっとしたグッズがあるわけなのですが

d0249630_12332569.jpg


見慣れない人には「おもちゃ」に見えてしまうようで、これらも苦笑いといった感じです。


身体の仕組みを詳しく知れば知るほど
「些細な事が持つ身体への大きな影響」
を考えるようになります。

大人になると生活が単一化したり、やりたくない事はしなくても済むという状況ですから、そのことが身体にマイナスに働くと思うんです。別に「子供だからバランス感覚が高い」ということではなく「やらなくなったからできない」という単純な話です。
そういう意味で「遊び」には身体に大きなメリットがあるんですよね。

これらグッズをおもちゃとして認識することがいいとか悪いとかではなく、興味を持って少しでも身体を動かすことに繋がればいいなと思っています。


その重要性を説くことで、症状の回復や予防に役立ててもらえればと思い、あれこれと指導させてもらっています。





追伸

説明の仕方が「軽い」らしく
あまり説得力を帯びないという難点がありますが、何より身近に簡単に取り組めるという事を伝えたい為だと思って貰えたら幸いですね^^;

では

はなわ治療院HPはこちらからどうぞ
[PR]
by real-incho | 2014-02-27 11:59 | 身体の話