ネガティブな視点から


大人になってからの夢は叶えるのが難しいので、子供の頃の夢を叶えてやると案外満足感があるもので「欲しいのが出るまでガチャガチャを引きたい」というのを数年前に実践し満足したインチョです。

さて、昨今では
インターネットを利用して情報を得るのが普通の事になっていますね。特定のキーワードを打ち込むと「縦」に該当項目がズラリと出てくる仕組みは誰でもご存知のことと思います。

ホームページ(以下HP)を持つようになって知った事なのですが、この「縦の並び」は「検索順位」と呼ばれ、同じキーワードで検索されるモノのうち「より検索者に有効であろう内容」を順位をつけて表示する(ヤフーなりグーグルなりの)気配りらしいですね。
検索者は欲しい情報を求め上から順に見ていく事になります。

しかし、そうやって調べた情報が必ずしも検索者の意に添うものではない事もしばしばです。

検索者は上位に表示されるページに信頼を置く傾向があるそうで、この事は実際の集客にも大きく反映されているようですが、そんな検索方法で失敗続き(特に飲食と医療)の私にしてみれば「ちゃんとしたものを上位に表示せんかい!」と不満に思うわけです。

この不満はHPを持つ側になって解消される事になります。

検索結果にのぼる各サイトの優先順位は検索エンジン(ヤフー、グーグルその他なり)が各々決めているアルゴリズム(手順、算法)によって決定されているということでその内容は非公開、もちろん検索者に有益である条件は含まれていると予想されつつも特定の条件を満たす事で上位になる仕組みのようです。

簡単にいうと「検索者にとって良いお店
が必ずしも上位に検索されない」という話で「おたくのHPを上位検索されるようにして集客を上げませんか」みたいな営業電話が鳴り止まない理由がそこにあるということですな。

金をかければある程度上位に検索されるという事実もあったわけです。

パソコンの知識ゼロで頭痛と吐き気に苦しみながら10ヶ月もかけて作った私のHPなどプロに敵うわけがありませんねぇ。

元々「詳細の確認ページ」として用意したものなので関係ないといえばないのですが、HPを持たない人には知られていない話かと思い書いてみましたよ。

集客を何によって得るのかは職種や技量などによって様々でそれが良いとか悪いとかいう話ではないのですが、溢れた情報に振り回されるのもシャクだったりするもので治療院においてはやはり「口コミ」以外にないだろうなと結論付けています。




追伸
予約の電話をしても1ヶ月以上待たないと診察が受けられないらしいという噂が流れていると聞きました。

んなわけあるかー!

こまったような、ありがたいような。









はなわ治療院HPはこちらから







.
[PR]
by real-incho | 2016-01-27 11:37 | 徒然