核家族


どうもです。
生卵を割る時に、殻と中身をあべこべにしてしまいもったいない事になるインチョです。




合法違法問わず集客関連の営業電話が後を絶たず、受付業務もこなす私としては少ない方が助かるのですが、ひとつインターネット集客の営業で興味深いものあったので報告を兼ねて。


営業:「相模原市で【鍼灸】と検索なさる方が月間平均70人なんです」
ということで、他のキーワードで検索されやすいようにホームページを改善しませんかというもの。

これの真偽を調べる術を持ちませんが、本当なら確かに「少ない」と感じます。


相模原市は平成26年9月30日現在の人口が723,884人、世帯数319,646(役所HPより)なのだそうですが、ひと月でたったの70人とは寂しい話じゃありませんか。

市内の鍼灸(マッサージ含む)施設は100を超えていたと記憶していますから、これらをインターネットで検索する場合、多くの人が「鍼灸」ではなく別のキーワードで検索しているということなんですね。

情報の多い時代ですから、選ぶ方も選ばれる方も大変です。


ところで
相模原市は昭和30年から人口の統計があって、今と当時を人口と世帯数別で比べると

【平成26年】
人口723.884人
世帯数319646戸

【昭和30年】
人口80.767人
世帯数16906戸

となり、人口はおよそ90倍、世帯数は20倍になっています。

ここで、一世帯あたりの人数を計算してみると

【平成26年】
4.77人

【昭和30年】
2.26人

年月を経る毎に数字が減少して、現在この数字になっています。まさに核家族化ですね。


学生の頃も、核家族化の問題について授業でやったと思いますが、自分の住んでいる地域も未だ継続中の話だったんですねぇ。

家族5人で暮らすのが当たり前の時代と今とでは、当然変わった事も多いのでしょうな。


飛躍しますが、治療院に対する需要も変わった部分があるんだろうと思います。

恩師の時代とは違うこともあると認識してアレコレ考えなければなりませんね。


営業電話もたまには役に立ちます。






では。














[PR]
by real-incho | 2016-05-24 17:25 | 徒然