<   2012年 04月 ( 9 )   > この月の画像一覧

肩の安全

どこの病院に行っても
結構たくさんいる「肩関節」を傷めた
患者さん。



今回は「肩関節」について
視点を変えてお届けです。


いきなり本題(笑)



スポーツの種類による肩のトラブルの
傾向は

1.野球
2.バレーボール
3.バスケットボール
4.テニス
5.ゴルフ
6.陸上競技
7.柔道
8.水球
9.ハンドボール
10.卓球


の順番で多いとの記載があります。

中でも野球は群を抜いていて
2位のバレーボールと3倍の差があります。


一般では

「何が」ということはなく

模様替えや掃除、子供とのお遊び
もちろん仕事など

日常のあらゆる動作や、経年的変化によってトラブルに見舞われてしまいますね。





肩の関節がトラブルに遭遇し易く、治りにくい原因として

1.突出した部位である
2.可動範囲が特に広い
3.血管の分布が乏しい

という事が考えられます。




ちょっとだけ解説

【1.突出した部位である。】

寝転がっても転倒しても衝撃を受け易い場所にあるという意味です。

転倒時は、ついた手や肘からの間接的な衝撃も受け易いですね。


【2.可動範囲が特に広い。】

人間の身体の中でも最も可動範囲が広い関節です。

それだけ骨による安定性が少なく、
靭帯や筋肉に依存しているという事。

動きの分だけそれらが必要になるわけで
非常に緻密で繊細な構造になっている事が想像できますね。


【3.血管の分布が乏しい。】

2に伴い、肩の可動範囲を高める為には
関節の周りに多くのものがあってはいけません。

ボディビルダーが「気をつけ」をした時に
脇が開いてしまうように、筋肉だろうが血管だろうが、たくさんあると動きの邪魔になるんですね。

そんなわけで、肩関節の周りには血管の数が少なめになっています。





肩関節を管理しようとした時

安全な動作とそうでない動作、一部構造の消耗や劣化、各組織の位置やバランス、トラブル後の治療、管理の方法など、考える事はたくさんです。



ご自身で管理するにしても
ちょっとだけ知識を増やしてみると
全然違うものだと思いますよ。







世間ではゴールデンウイークに突入しました。

気候も良くなり身体を動かす機会も増えてきますね。


普段とは違う作業も混じり
身体を壊してしまう事のないように

楽しく過ごしたいものです。







追伸

文章の内容と表現方法について

「難しい」
「何を言っているのかわからない」

とのご指摘を多数頂きまして

自分なりに
やんわり書いてみたつもりですが…。


どうですかね?(笑)




文章が上手になる「ツボ」

ないかなぁ(笑)







はなわ治療院HPはこちらをクリック

[PR]
by real-incho | 2012-04-28 10:23 | 身体の話

不具合

PC作業の苦手な私は
ブログの更新を専らiPhoneから行っています。

先日アプリのアップデートしてから
不具合が発生し画像の投稿ができなくなりました。

しばらく汚料理ブログ、いや
ブログの更新そのものが停滞しています。

ブログを長く続けるのも楽ではありませんで、こういった不具合を理由に遠ざかっているのも事実ではありますな^^;

現在、HPのボリュームアップを図ろうと
作業もしていますが、4月に入り治療院の慌ただしさとこんな事も手伝って
滞りがちです。

忘れられてしまわぬよう
更新の運びとなりました。


最近の治療院は
シビアな症状の患者さんで賑わっています。

お医者さんでの診察で
明確な病態把握がされてはいるものの
症状の軽快に繋がらず悩み
当院をその補助として選択なさる患者さんが多数見受けられます。

また、特定疾患の治療での弊害(副作用)が元々あった運動器の症状を悪化させ苦しむ方などもあり、特定疾患の治療を優先させる以上避けられない問題に悩まされるというパターンになっています。

鍼灸師として、それらに対し特に決まった対処法があるわけではない為に、
私の持つ武器がどの様な形で役に立てるのか考える毎日です。


長期にわたる可能性もありますが
それらにご理解を得ながら
結果に繋げたいと思っています。



そんな近況報告でした^^;




はなわ治療院HPはこちらからどうぞ

[PR]
by real-incho | 2012-04-23 08:58 | 徒然

4月という事もあり
今回は相模原市が独自に行っている
はり•きゅう、マッサージ施術料助成 | 相模原市
についてのお知らせです。


全国的に様々な助成制度を設けている
公共団体は多く、患者さんの一助になっています。

それぞれに支給対象というのが決まってはいるものの折角の制度です、ご利用なさる事をお勧めしています。


上記HPで確認して頂ければわかりますが
相模原市では対象年齢が70歳以上。

79歳までは所得制限がありますが
80歳以上は無条件です。

対象疾患などの制限はありません。


年度更新毎に
1枚2000円相当のチケット12枚綴りが
対象申請者に交付されます。


ココが重要!


「対象申請者」ですよ!


黙っていて送られてくるわけではないので
ご注意を。(役所って、、、ねぇ?(笑))



4月に申請すれば12枚受け取れます。

5月になると11枚に…。


お早めの申請をお勧めします。




ちなみにこのチケット
「鍼灸」及び「マッサージ」に適応されますが、使用できる施設は市に登録された指定の施術所でのみ有効となっています。

チケットを受け取った際に、その施設一覧が表記されている文章もございますので要チェックして下さいね。

当院でもご利用になれますのでご相談下さい。


注意:申請は該当施術所が窓口ではありません。区役所及び出張所である地域包括支援センターにお問い合わせ下さい。


当治療院のある清新公民館区では

「清新地域包括支援センター」

相模原市中央区清新5-3-1
(清新デイサービスセンター内)

Tel 042-771-3373

で手続きできます。


近くて便利!(笑)


というわけで
連絡ブログでした。



おしまい。





はなわ治療院HPはこちらからどうぞ

[PR]
by real-incho | 2012-04-14 11:31 | 連絡事項

カルボナーラ

グラタンが食べたいと思っていたはずなのですが、できあがったのが何故かコレ。。

世の中
不思議な事があるものですな(笑)


d0249630_11283097.jpg



【カルボナーラ】

【材料】
1.パスタ1.6mm 2束半
2.生クリーム 100cc
3.粉チーズ お好み
4.卵2個
5.塩、黒コショウ お好み
6.ハム お好み
7.ぶなしめじ 1パック
8.オリーブオイル ちょっと
9.ニンニク お好み

【作り方】

1.生クリームと卵、粉チーズ、塩コショウをボールで良く混ぜる(要味見)

2.パスタを茹でる

3.フライパンでニンニク、ハム、ぶなしめじをオリーブオイルで炒め、火が通ったら冷ましておく

4.パスタが茹で上がったら3と共に1に投入しよく和える。お好みで粉チーズと黒胡椒を加えできあがり



適当なレシピになってしまいました。

カルボナーラの作り方はかなりたくさんあって、簡単にするとこうなると思います。

失敗する可能性のあるポイントは

1.パスタを茹でる時の塩加減と茹で時間。茹で汁をパスタが吸うのと、茹で上がってから若干作業があるので少し固めにしておく事。

2.フライパンで加熱しながら混ぜてしまうと卵が凝固してしまう。よく、卵黄を多めにと書いてあるけれど、白身が勿体無いので使いました。


くらいかな。

グラタンの予定で買い出しした為
ベーコンの代わりにハムを使いました。
多分味はベーコンの方がおいしかったと思います。その他の具はお好みで。

まぁまぁ美味しくできました。

お試しあれ。




はなわ治療院HPはこちらからどうぞ

[PR]
by real-incho | 2012-04-09 11:11 | 料理

春です

4月になり
新生活を始めた方々の話が聞こえてきます。

震災や景気の影響で
転居を余儀なくされたり
本人、又はご家族の進学、就職によって
生活環境が一変し、体調が一時的に不安定になっている方々も多くいますね。

健康面に於いては
そういった変化が良くも悪くも作用するもので、マイナスにならないよう管理する事も大切です。

学生時代、アトピーを患っていた私は
大学進学を機に転居、その影響かどうかは定かではありませんが、症状の減弱を体感したものです。(いわゆる転地療法)


さて、
脳に感じる疲労や苦痛とは別に
身体が発する警戒信号を捉え
早期対応に繋げる事は

東洋医学的な考え方の根本を成していて
昨今重視される「1次予防」がそれにあたります。

治療者との会話が多く、身体に触れる診察を行う事の重要性は今も昔も変わらず、
そこから得られる情報無しに正しい診断の道は開けないと思っています。

世間の方々に「鍼灸」の存在と、役に立てる問題について広めていく事も重要な仕事のひとつだと考えます。

どうしても
「何に効く?」
という所に話がいってしまい

「○○病」
などの病名を提示しないと
一般には理解してもらえない事が多いので
そのような話をしなければなりません。

基本的に、鍼灸を初めとした徒手療法は

身体が本来あるべき回復力を備える為の
環境作り

に主眼が置かれると理解していますので、
結果的に多くの疾患の助けになると知ってもらいたいですね。


「がん」を例に取るとわかり易いかもしれません。

がんは自己の細胞が遺伝子の命令から逸脱して暴走し増殖する病気です。

治療、管理の手段は

1.がん細胞の除去(手術)
2.増殖の抑制ないしは縮小(化学療法)
3.疼痛の管理(対症療法)
4.がん細胞に特異的に作用する事が明らかになった免疫系の賦活(免疫療法:呼び方が正しいのかはわかりません)

のいずれかになりますね。

1から3は
手術や薬剤をはじめとした医療的な方法。
一部3に於いては鍼灸師が担っている場合があります。

そして4
医療機関の中でもこういった分野に特化した施設もあり、私達鍼灸師が活躍できる場所でもあります。

この様に特定の病名がついたものでも
鍼灸師の担える問題や部分がありますね。


鍼灸を「年寄りの肩こり腰痛、神経痛」の
慰安に用いる手段だと思っている方々がまだ多い中で、そういった情報も必要だと思います。


治りの悪い症状にお悩みの方は
まずは相談を
してみても良いのではないでしょうか。



d0249630_10432543.jpg




はなわ治療院HPはこちらからどうぞ

[PR]
by real-incho | 2012-04-09 09:22 | 徒然

GWのお知らせ

はなわ治療院
GW休みのお知らせです。

5月4日(金)以外の祝日は全てやっています。


【4月】
28日(土) ○
29日(日) ×
30日(月) ○

【5月】
1日(火) ○
2日(水) ○ ※午前 相模原 午後 平山城址公園
3日(木) ○
4日(金) ×
5日(土) ○
6日(日) ×


となりますので
お間違えの無いよう宜しくお願いします。



*連絡その2

平山城址公園(水曜日午後)は
完全予約制です。

ご予約は相模原でお受けします。

042-770-2189 (はなわ治療院)
まで。


※診察時間外のお電話には
出られない事が多い為、ご了承下さい。



はなわ治療院HPはこちらからどうぞ

[PR]
by real-incho | 2012-04-07 17:18 | 連絡事項

NHKで
「うつ病に新常識」
というタイトルの報道があった。

思考時の前頭葉への血流量が
健常者とうつ病患者とで差がある事がわかり、それを診断の根拠の一つにするという内容のもの。

厚労省が3年に一度、医療機関を対象に
統計を取っており、それによるとうつ病・躁うつ病患者数は年々増加傾向にあって
2008年には104.1万人が受診しているという結果が出ている。医療機関に受診していない人を入れると相当数に上るものと思われる。

以下はその統計資料



図録-うつ病・躁うつ病のそう患者数


ご存知の方も多いと思うが、うつ病や躁うつ病の診断には類似疾患との鑑別などの他、基本的にアンケート調査の様なものが用いられる。

質問項目に患者が記入し「YES.NO」の数でそれを診断するもの。

アメリカ精神医学会の出している「DSM-Ⅳ」、世界保健機関(WHO)の出している「ICD-10」などがそれです。

患者の訴えが診断に直結し易い疾患という事で、様々な問題があり身の回りでもよく聞く話ですね。

そんな中、客観的評価にて診断できるシステムは画期的だし非常に有用なものだと思います。
番組の中でも「病名がついた事で病気と向かい合う気持ちになった」「胸を張ってうつ病だと言える」というような患者の声が報道された。

このブログで私が言いたいのは
この診断方法についてでは無く、それを
「新常識」と報道するNHKは如何なものかという事。

誤解を招くという事である。

「新常識」といってしまうと
今までの検査や診断方法をないがしろにした印象を持ってしまうし、今度は逆にその検査によって異常のみられない患者さんが詐病呼ばわりされる懸念がある。

あくまで診断方法の一つが増え
それによって救われる患者さんが増えたのだと伝えるべき。

視聴率を上げたいのか何なのかは知らないが、随分と安易なタイトルを考えたものだと朝から思った次第です。

治療院に訪れる患者さんの中にも
こういった報道の影響を受け間違った認識を持つ人達も大勢います。

テレビから情報を得る人達が多い世の中で
国営放送がそんな事ではいけませんな。





追伸

最後まで番組は見ませんでしたが
光トポグラフィー検査の事だったのかな。




はなわ治療院HPはこちらからどうぞ

[PR]
by real-incho | 2012-04-04 11:25 | 身体の話

痛みを考える

先日から背中が痛みます。

特定の姿勢でじっとしているのには
問題無いのですが

吸気やちょっとした体勢の変化で
ズキッと強い痛みがやってきます。

部位は下部胸椎右辺を中心とした一帯で
痛みが強くなるに従って周囲筋群の強い収縮感を伴い、それが気持ち悪くて動かそうとするとまた痛むという悪循環です。

内科的疾患を除外する前提ならば
肋椎関節か肋間筋のトラブルと予想していますが、これも経過によって判断しなければなりませんね。発症から丸一日経過して、痛みが80%程に落ち着いたのでもう少し様子をみます。

鍼灸師といえども所詮はただの人。

無敵を装う治療者も多いですが
避けようの無いトラブルもあるものです。
恥ずかしい話ではあるのですが(笑)


我々鍼灸師は
画像診断や血液検査を行う事無くある程度の病態を推測して治療に繋げなければなりません。

その為には患者さんからより多くの情報を引き出す必要が有ります。

年齢性別、既往歴家族歴から仕事や生活習慣、症状の部位、発生した状況とその推移、苦痛の性状などの聞き取らなければ分からない情報と

知覚や反射などの神経学的な所見や、血圧体温、脈拍、心音などのバイタル、また筋肉の緊張、皮膚温、動作による苦痛の変化、触って感じる異常など治療者が診察して得られる情報とを併せて病態を判断します。

ここで述べておきたいのは
胃がんで背中、心臓病で肩こりの様な問題
を常に疑っているという事です。

治療院に脚を運ぶ方々は概ね大きな問題を病院でクリアにされていますが、経験上
僅かながら大病が潜んでいるというケースがありそこを見落とす訳にはいきません。

無資格者の横行する「医療類似行為」分野又は免許の範囲を越えた管理を行おうとする有資格者に於いてはそういった問題を見逃す傾向が否めず患者さんに不利益をもたらしていますね。

患者さんの訴えを鵜呑みにしてしまう様な事では論外です。

患者「肩こりなんですよぅ」
施術者「じゃあ揉みほぐしましょう」

ではいけませんね。

結果として多くは単なる肩こりなのでしょうが、一部には別の大きな問題によって引き起こされているものもあると常に疑わなければいけませんし、それを見出すアンテナをはっていなければなりません。



そんな隠れた問題を炙り出す一つの方法として「痛みの質と経過」というのがあります。

まずは痛みの基礎知識という事で
以下の引用を見て下さい。

痛みと鎮痛の基礎知識-Pain Relief-痛みの分類


痛みは様々な原因に依ってもたらされ
その質や伝達経路にもいろいろある事が解ると思います。

鍼灸師あるいは柔道整復師やトレーナーと呼ばれる職業は、それらの中で自らの適応とするモノを選別してケアに当たっているわけです。

もちろん患者さんに予め分かっている問題もあるのでしょうが、そうでない事も多いのですね。


当院では鬱陶しい程にたくさんの質問を
患者さんにぶつける場合があります。

より明確な病態把握を行う為に
ご協力頂きたいと思っています(笑)


痛みは他人に伝えるのがとても難しいものの一つですね。

私も今回の様に、自分が痛くなると
どうやって他人に説明したものかと考えます。時には造語を使ったり何とか伝えようとしますがこれまた難しい。

患者さんにそれを強いるのもいかがなものかと思いつつ、質問させてもらっています。

また、治療そのものが病気をスクリーニング(選別)してくれるという事も併せてお伝えしておきます。

患者さんにとっては、症状の多少で治療の必要性を判断するわけですが、我々に言わせてもらうと、それでは困る場合があります。

指定した治療内容と間隔をクリアする事で
先ほどから何度も言っている大きな問題を除外する事に繋げています。

そういう意味では医師の行う投薬や経過観察と同様です。

一つの薬を出す。

効かない。

別の問題を考える。

次の薬。

という様に、薬に代わるモノが「治療内容とそのペース」である鍼灸師にとってこれも重要なポイントになります。

初めから全てを完璧に把握ができるというのは医師であっても不可能で、こういった手段も使われるわけです。



身体には無数種類の組織、細胞が存在していてそれらの殆どは痛みに繋がるものです。

爪や髪の毛は痛みを発しませんが(笑)

性質の違う構造物であるが故に
そこから発する痛みの性質も異なっていて
当然ですね。

それらをより詳細に把握する事で
より良い治療に結びつけたいと思っています。

「いつから?」
「思い当たる原因は?」
「どんな風に?」
「どこら辺?」
「どうすると楽なの?」
「どうすると痛むの?」
「常に痛む?」

などなどが一般的な質問です。

自分の身体の事ですから
これくらいの情報は伝えられる様に
しておくと良いと思います。

当然「よくわからない」というのもあり
きちんと考えた上でなら、それさえも判断の基準になりますよ。


…さて、

私の背中

いったいどうしてくれようか


手が届かないのよね(苦笑)


では。



はなわ治療院HPはこちらからどうぞ

[PR]
by real-incho | 2012-04-03 10:19 | 身体の話

KFCのビスケット

Twitterをやっています。

先日、フォロワーさんが
美味しそうなおやつを作っていたので
レシピを伺い早速やってみました。

その方のレシピに忠実に作ったもので
実際にKFCのそれと同じなのかは知りませんが(笑)

【ケンタッキーのビスケット】

【材料】
強力粉 170g
薄力粉 70g
ベーキングパウダー 大さじ1
砂糖 大さじ 1
塩 小さじ 1
ドライイースト 小さじ 1
バター 60g
オリーブオイル 小さじ 1
牛乳 100cc
ヨーグルト 大さじ 1

【作り方】

1.粉のものを全て合わせ2度ふるいにかける

2.みじん切りのバターとオリーブオイルを加え指先で混ぜる。ある程度まとまったら牛乳とヨーグルトを加え更に手早く混ぜる。

3.長方形に伸ばしては折りたたむというのを5回繰り返してから冷蔵庫で1時間冷やす。

4.2cmの厚さにのばし型抜きして210度のオーブンで15分焼く。

できあがり。


うまーい!

d0249630_9525875.jpg


メープルシロップをかけてみる。

d0249630_9525920.jpg

相性抜群!


混ぜ過ぎとバターを溶かしてしまう事、
よく冷やす事に注意が必要だそうです。

美味しくできたので
何が良かったのかわかりませんが
丁寧にレシピを教えて頂いたのが
よかったよでしょうな。


是非、お試しを^^





はなわ治療院HPはこちらからどうぞ

[PR]
by real-incho | 2012-04-02 09:30 | 料理