椎体間の動き

どうもです。
柿ピーはどうしても均等に食べられないインチョです。



患者さんから質問があったのでネタにさせて頂きます。


背骨の運動軸はどこか。
(動きを作る中心はどこか)


珍しい質問をしてくれる方がいたもので
お陰様というか何というか知識を整理する上でも役に立っています。


で、
簡潔に答えるなら
「椎間板内部の髄核」
ということなのですが、少し分かりやすく書きたいと思います。


d0249630_16361536.jpg


腰椎の絵です。左手前が腹側になります。

缶詰の形をした部分(椎体)の間にある
ねずみ色の部分が椎間板です。


椎間板の構造は

d0249630_16361681.jpg


こんな感じ。

説明はいつもの抜粋。
「椎間板(intervertebral discs)は椎体間にあって線維輪(fibrous ring)と髄核(vertebral pulp)からなる。線維輪は交互に異なる方向に斜走するコラーゲン線維を多く含む結合組織性線維層からなり上下椎体と強固に結合している。髄核は線維輪の中心にあってゼラチン様物質の半液状塊からなる。成分の80%は水分で残りは蛋白質、ムコ多糖類、コンドロイチン硫酸、ヒアルロン酸などである。」





背骨に対して長軸上に圧力がかかると椎間板の線維輪の影響で髄核が圧縮され内部で球を形成して各方向の動きに対して軸を作るということです。下の絵。

d0249630_16361613.jpg


それぞれの動きに対して制限を加えるのが背中側にある関節や周囲に付着する靭帯や筋肉という事になります。

従って、ひとつひとつの椎体間での動きは極めて小さく、これが上下に連なることで大きな動きに繋がるんですね。


椎体間の動きの中心は髄核。
脊柱の動きはそれの複合という事になりますねぇ。




先の抜粋には続きがあって

「椎間板の機能は上下椎体の連結、脊柱の可動性、体重圧などの機械的負荷の緩衝作用である。垂直加重力の3/4を髄核が受け残りを線維輪が負担する。安静臥位時に比較して立位では全脊柱で約2cmの短縮が起こる。椎間板のうち最も加重がかかり大きな可動性が必要なのはL5-S1間(一番下のそれ)であり比較的早期(20代)から変性(加齢性変化)が起こりやすい。」とあります。

立ちっぱなしや座りっぱなしで背骨(特に腰)に加重し続けると劣化がより早期に始まるということです。
椎間板をはじめとした加重にさらされる関節軟骨には、再生(補填?)能力はあっても通常の生活での消耗が上回り相対的に減り行く運命とされています。

立ち姿勢を基準として座っている時の腰にかかる負荷は1.5倍前後になる事を考えると長時間のデスクワークなどは、より腰痛のリスクになるということでしょうね。
(椎間板の負荷による変化のみが症状を誘発するという意味では無く、そこから繋がる周囲の変化なども含むと解釈して下さい。)

昨今、運動不足を自負する方々が増えていて、それを症状の治りにくさに繋げて考える傾向もありますが、別に何か運動をと考える前に小まめに姿勢を変えるように気を付けてみてはいかがでしょうか。

勿論、慢性的な症状がこれらのことで全て解消するわけではありませんが、日常の健康管理のひとつとして役立ててもらえればと思います。




はなわ治療院HPはこちらからどうぞ
[PR]
by real-incho | 2014-03-28 15:17 | 身体の話

どうもです。
対岸に渡りたいと願いつつも、石橋を叩いては壊し続けてしまう性分のインチョです。こういう性質は裏目に出るとロクな事がありませんね^^;


さて、春分の日は実家に帰省してきました。

帰ると必ず犬の散歩をします。

d0249630_10454887.jpg



昔はリードを外して問題がなかったのですが、最近ではよろしくないようです。
こんなに広々しているのに^^;



用水路に春を見つけました。

d0249630_10454849.jpg


わかりますか?(笑)

写真では分かりづらいのですが
ウシガエルのおたまじゃくしです。

装備が無く捕獲はできませんでしたが
全長およそ6cm位です。
夏には繁みからモーモーと鳴き声が聞こえてきます。




それから近所の神社で無患子(ムクロジ)の実を拾いました。
乾燥した飴色の実の中に黒い種子が入っていて、正月遊びの「羽根つき」の羽を刺す黒い珠がソレになります。

治療院の近所では滅多にお目にかかれないので話題として拾いました。

d0249630_1045491.jpg



他にも
ツクシやらイヌフグリやらフキノトウなど生えていて寒風とは裏腹に春の雰囲気を感じましたよ。



気分転換にもなったので
また気を引き締めていきたいと思っています。




では。



はなわ治療院HPはこちらからどうぞ
[PR]
by real-incho | 2014-03-24 10:08 | 徒然

距踵関節

どうもです。
ポッキーでもキノコの山でもマカダミアナッツでも、コーティングされたチョコレートを先に食べてしまうインチョです。



人の身体はよくできていると思うことがしばしばあります。
(それしか勉強したことが無いので偉そうなことは言えませんが)

d0249630_11435374.jpg



右足首の距骨と踵骨の関節(以降距踵関節)を上から見た絵です。

踵骨の載距突起に距骨が乗った状態。


赤で示した矢印は足首の動きに関連する軸ですよ(絵が適当なので細かい事は無視して下さいな)。
内側から距骨の軸、距骨滑車の軸、踵骨の長軸となります。

四つ足動物ではこの3本の軸がほとんど揃って同じ方向に向いているんだそうです。

2足歩行をする人間は4足歩行に比べ不安定になる為に、構造を複雑にすることでバランスを保ち動作に対応しているんですね。当然、それを制御する脳の働きも見逃せません。

構造が複雑になったせいで、怪我も多様化して治療やリハビリについて考える内容も増えますが、それはともかくとして
「身体ってよくできているなぁ」と感心することに快楽を得てしまうものです。

話が複雑になるので避けますが、このユニットだけでも靭帯や脂肪組織、重心や動きの問題を併せると膨大な話になりますし、距骨の上に載る脛骨や腓骨とで構成する距腿関節(いわゆる足首)、距骨と踵骨から前足部に連なるChopart's(ショパール)関節、それらを繋ぐ組織云々始まったら頭が混乱すること間違いなしですな。

ここに脳との関わりの話を追加する訳ですからまぁ大変なもんです。


身体にはそれでもまだ未知の世界があると思うと、一生かかっても理解し得るものではないと思うんですがいかがでしょうかね…。





では







はなわ治療院HPはこちらからどうぞ
[PR]
by real-incho | 2014-03-15 10:24 | 身体の話

冒頭の一言

どうもです。
コンビニに行くと、何を買うにも入り口そばの本棚側から大外をぐるりと歩いてしまう習性があるインチョです。


ブログのカテゴリ分けをきちんとしましたよ。

「身体の話」
「連絡事項」
「料理」
「徒然」
「耳つぼ」

の5項目になりました。


それから
今まで知らずに困っていた事なんですが、外部からブログ(ここ)に飛ぶ時に狙ったタイトルに行かない問題を解決しました。
(クリックしたらトップではなくこのページに飛んできている事を願う)

今までは最新の投稿から「何ページ目」という設定になっていたものを
タイトル別のアドレスを使うことでクリアできました。


うむ、これは画期的!(かなりの今更)


過去のブログを仕分けながら読み返したりしてしまい作業に丸二日もかかってしまいました。
概ね完了しましたが原因不明の不備も出ており今後修正しようと思ったりおもわなかったり。


はじめはボリュームが必要との指摘を受け毎日投稿していましたが、最近では少なくなり愛読者の皆様(そんなにおらん)には多大なるご迷惑をおかけしています。

仕事とはいえネットに存在や主張をさらすだけでも身震いするほど嫌だったもので、今でもそれはさほど変わっていません。
ましてや宣伝などはいうまでもありませんな。そのことが悩みのタネだったりしても、こればかりはどうしようもないのですよ。



さて
ほぼ全てのブログを読み返してみて印象に残ったのは「はじめの頃の方が面白い」ということです。特に冒頭の一言は個人的に気に入っていて、これからは続けていこうと決めましたよ。今回も。

専門家の皆さんのかっちょよくて為になるようなモノは残念ながら書けないようで、一般と専門の隙間を漂うようなモノが私の持ち味らしいと知りましたね。

気付けばこのブログが245本目。
その中で「これぞ」と自賛できるのは2-3本ですが、この作業を通して今後の投稿に参考になるモノを得ました。


これからもボチボチ投稿していきますので、よろしくお願いします。





では。






はなわ治療院HPはこちらからどうぞ
[PR]
by real-incho | 2014-03-14 13:23 | 徒然

【17:00 スイス フィズリール】

アルプスを望む観光列車
氷河特急が走るランドヴァッサー橋を見る為
山路を少々歩いた。

d0249630_10473410.jpg


体力的に挫折した人もいましたが意地で登り
ようやく到着

d0249630_10473645.jpg



運よく電車が来た!

d0249630_1047384.jpg





特別電車が好きというわけではないけれど
なかなか見応えのある景色



下山。





フィズリールから
ダボスへ移動します。(約32km)





つづく



はなわ治療院HPはこちらからどうぞ

[PR]
by real-incho | 2014-03-13 22:33 | 徒然

腱鞘炎と治療

手首や指の痛みを訴える方は
「腱鞘炎ですか?」と質問する事が多いです。

そもそも腱鞘って何でしょうね。


腱鞘とはその名の通り「腱の鞘(さや)」
の事。

手の様に繊細な動きをする構造では
関節周囲に余分なモノが存在すると
邪魔になるので、筋肉が遠方(手であれば前腕部分)に集中し腱のみを伸ばし指の骨に付けるという形をとります。

そうなると、腱が関節をまたぐ部分などで摩擦が生じ易くなり、繰り返しの軽微な動きによって損傷を受けるので、それをスムーズにする為に「鞘」がついているんです。

d0249630_1463169.jpg


手の甲から見える腱鞘はこんな感じで存在しています。


なので

腱鞘炎と言ったら「この部分の炎症」
という事になります。


初めのうちは特定の動作をした時にのみ痛みが出るという症状ですが、ひどくなってくると腫れ上がり常に痛みを感じるようになります。

医療機関に受診すると
局所の炎症を抑える注射をしたり
同様の目的で電気治療を加えたり
患部の動作を制限するような指導や
固定具を処方される事が殆どで

印象としては
「治療を受ける事で治っている感じが無い」
というのが現実だと思われます。

手は毎日使うので休める事が難しいですし、そもそも特定の動作を繰り返す必要があったからこそ傷めたものなので、それを制限されるという事はそれなりの苦痛や不便を伴います。

固定具にしても、着脱可能なものでも水仕事がしづらいなどの問題がありますね。


痛みが存在するので、強制的に使用を制限される事が回復の決め手になる場合も多いです。

一方、それでも無理矢理使い続けると
炎症にさらされ続けた腱鞘は強度を増そうとして肥厚(ぶ厚くなる)してきます。その事がかえって腱との摩擦を生み、治り難くなるというサイクルに陥ってしまうんですね。

肥厚した腱鞘も多少なら安静によって元に戻りますが、それ以上になると戻らず慢性化の傾向が出てきます。

そうなったら外科的な処置になります。

患部を切開して摩擦の素を開放するという方法です。



つまり

(他でどの様に指導するかは別としてうちでは)

腱鞘炎の初期段階においては、治療よりも養生(安静や固定などの管理)の方に比重を置いて頂きたいという事です。

運動器疾患(外傷含む)においては
風邪のように薬を飲み続け無理をしていてもそのうち治るという事が多くはありません。

湿布を貼っていてとか
無理をしていても自然に治ったとか
あると思いますが

そのような期間を経ても改善しない場合は、客観的に生活を評価して対応する事も検討しなくてはなりませんね。

鍼灸、スポーツトレーニング、整骨を
担う当院では、鍼灸治療、ストレッチ、電気治療、固定などの手段がありますが

それでも患者さんの使用状況を制限する事の方が治癒に向う上で大切だと申し添えています。


蛇足になりますが


妊産婦さんや
更年期に差し掛かった方に
腱鞘炎が多く発生しているという報告もあります。

女性ホルモンが筋肉などの柔軟性に関与していて、それが乱れる時期に一時的に患部の負荷が増大する為と考えられているようです。

世代的に
急に始まった育児や孫の面倒という事で、手の使用が増えるとも言えますが
男性に比べ女性に多いトラブルであるという事をふまえれば

理論的にはそういう事もあると
知っておいても損はないですね。




追伸

患者さんを増やすようなブログを書かないという事で、お叱りを受ける事もありますが

「患者さんがよくなる」

ことを第一に考えればこそと
理解して頂ければ幸いです。



では。


はなわ治療院HPはこちらからどうぞ
[PR]
by real-incho | 2014-03-13 22:11 | 身体の話

足関節捻挫後遺症

引越しや大掃除でアルバムや漫画などが出てきてしまうと、ついつい手が止まってしまい思い出に浸ったりしてしまいますね。

ちょっとした問題点を解決すべく過去のノートを引っ張り出して読み始めたら止まらなくなりました^^;



およそ10年前に取ったノートですが、今でも色も内容も褪せることなく重宝しています。(先生がよかったんですな)
d0249630_18161484.jpg




程度に関わらず足関節捻挫(定型的なものとする)を管理の悪い状態で放置すると、屈曲時に圧迫されるような痛みを残すことがありますね。

損傷を起こした場所ではないにも関わらず痛みが出るというのは気持ちの悪い話ですから、なんとかしたいと考えます。

以下、私が個人的に考えるその痛みの理由です。

1.受傷時及び固定とその期間の使用状況による距骨の位置異常

2.疼痛による運動制限及び固定による足関節運動にまつわる筋群の異常

3.足関節運動に際して起こる滑液包の伸縮不正と肥厚

4.脛腓関節

5.固定方法によるLisfranc's関節部の問題

6.そのた(キリがないのでこの位で)


細かく観察してそれぞれチェック、消去法により問題を絞ります。

どんな風にチェックするのかは構造的に
各々考えてみてください。(無責任)




治療にあたり、より正確な評価が欠かすことのできないものです。


常に考えて新しい知識も追加しながら
精進したいものですね。






追伸


症状の考察にあたり
上工堂ライフケア整骨院さんの助力を得ました。この場を借りて御礼申し上げます。



では



はなわ治療院HPはこちらからどうぞ
[PR]
by real-incho | 2014-03-13 21:59 | 身体の話

テレビジョン肢位

汚い絵で済みませんが
コレが「テレビジョン肢位」と呼ばれる座り方なんだそうです。

名前までは知りませんでした。

d0249630_1521718.jpg



股関節を含む骨盤周囲、膝、足首、足趾に至る下肢全般(腰にも)のトラブルに一役買っている憎むべき座り方です。

小児の段階で習慣がついてしまうと
骨や関節の成長に影響があり、集合写真などで他人と比べると脚が不格好だったり、歩き方が不自然だと指摘されたり良い事がありません。

脚の向きを決める大腿、下腿、距骨は生下時より捻れながら変化し成長します。
正常なら前捻角減少、下腿軸外旋、距骨頸体角軽度内転と変化し完成しますが、この座り方を頻繁にする事によって悪い方向に成長が促されてしまうわけですね。

主な問題としては、転倒し易い、O脚(またはそれに見える状態)、下腹部や臀部の肉付き、扁平足、外反母趾、将来的に変形性の関節疾患などが考えられます。

何で知ったか忘れましたが、テレビが普及した時期に小児だった女性に難産の傾向が多かったという報告もあったと記憶しています。骨盤の発育に問題が生じた結果のようです。


関節の向きや骨軸は成長が止まってしまえば手術以外、後から変化させることができませんので、小さなお子さんをお持ちの方々には特に知って頂きたい話です。

絶対するなという事ではなく習慣にさせないようにという意味です。
ちょっとやそっとで変わってしまうものではありません。継続の長さが問題です。

大人でも、その時点で苦痛が無ければ楽な姿勢をとったりするものですが子供も同様です。情報があれば大人なら自己責任ですが子供はそうはいきませんね。

気を付けてみてはいかがでしょうか。




では。



はなわ治療院HPはこちらからどうぞ
[PR]
by real-incho | 2014-03-13 14:31 | 身体の話

営業日の連絡

一年の中で、冬の占める割合いは
50%だと思っているインチョです。
春夏秋冬とかいいながら相当な不公平だと思いますね。

寒いのが苦手なので
是非とも早急に暖かくなって頂きたいと
願っています。

さて
営業日の連絡です。


3月21日()→営業
22日()→休診

※その他は通常通り。


と、させて頂きます。

急な連絡になりましたが
よろしくお願いします。



はなわ





はなわ治療院HPはこちらからどうぞ
[PR]
by real-incho | 2014-03-11 18:00 | 連絡事項