核家族


どうもです。
生卵を割る時に、殻と中身をあべこべにしてしまいもったいない事になるインチョです。




合法違法問わず集客関連の営業電話が後を絶たず、受付業務もこなす私としては少ない方が助かるのですが、ひとつインターネット集客の営業で興味深いものあったので報告を兼ねて。


営業:「相模原市で【鍼灸】と検索なさる方が月間平均70人なんです」
ということで、他のキーワードで検索されやすいようにホームページを改善しませんかというもの。

これの真偽を調べる術を持ちませんが、本当なら確かに「少ない」と感じます。


相模原市は平成26年9月30日現在の人口が723,884人、世帯数319,646(役所HPより)なのだそうですが、ひと月でたったの70人とは寂しい話じゃありませんか。

市内の鍼灸(マッサージ含む)施設は100を超えていたと記憶していますから、これらをインターネットで検索する場合、多くの人が「鍼灸」ではなく別のキーワードで検索しているということなんですね。

情報の多い時代ですから、選ぶ方も選ばれる方も大変です。


ところで
相模原市は昭和30年から人口の統計があって、今と当時を人口と世帯数別で比べると

【平成26年】
人口723.884人
世帯数319646戸

【昭和30年】
人口80.767人
世帯数16906戸

となり、人口はおよそ90倍、世帯数は20倍になっています。

ここで、一世帯あたりの人数を計算してみると

【平成26年】
4.77人

【昭和30年】
2.26人

年月を経る毎に数字が減少して、現在この数字になっています。まさに核家族化ですね。


学生の頃も、核家族化の問題について授業でやったと思いますが、自分の住んでいる地域も未だ継続中の話だったんですねぇ。

家族5人で暮らすのが当たり前の時代と今とでは、当然変わった事も多いのでしょうな。


飛躍しますが、治療院に対する需要も変わった部分があるんだろうと思います。

恩師の時代とは違うこともあると認識してアレコレ考えなければなりませんね。


営業電話もたまには役に立ちます。






では。














[PR]
by real-incho | 2016-05-24 17:25 | 徒然

神経麻痺と回復


治療院に顔写真の載ったポスターを掲示しておくと、いつの間にか目や鼻の所に画鋲や磁石が移動していて「みんな、やる事は同じなんだな」としみじみしているインチョです。

このブログも270本を超えそれなりのボリュームになったと思いますが、ブログで飯を食う人に比べれば微々たるものですね。




さて、
右手首を甲の方に曲げる動作(背屈)と、肘から親指と人差し指の甲側にかけて皮膚の感覚が無い状態が突然現れて困ったという50代男性が来院。
脳梗塞などを懸念して病院で検査したものの異常はなく鍼灸を選択という流れ。

先に結論から書くと、病院での説明が上手く患者に届いていれば転院する必要は無かったと思われます。

筋肉活動や皮膚感覚の麻痺は、脳を筆頭とした「神経の問題」と考えるのが一般的で、これは更に「中枢神経と末梢神経の問題」に分かれ、それぞれ問診や検査を経て更に細かい問題に進んでいきます。

中枢神経と末梢神経の違い。イメージ
d0249630_11334445.jpg


今回の症例では、末梢神経(上肢)の問題という事で話しを進めます。

上肢に延びる末梢神経のほとんどは頸部の脊髄(中枢神経)から枝分かれしており、それは以下の様に「行き先」がほぼ決まっていて、症状から逆にどの神経に問題がありそうなのかを推測できます。
d0249630_11470788.jpg

*あいにく良い画像がなかったのでコレです。問題になるのは青で書かれた橈骨神経。手首を背屈する筋肉や上記症状範囲の皮膚知覚を担っています。

麻痺は「神経の連絡が断たれた状態」ですから、犯人は橈骨神経のどこかにいて、何かしら悪さをしているとわかります。

神経の連絡が断たれた状態になるには様々な要因が考えられますが、ここではSeddn(セドンさんが名付けた)末梢神経障害の分類というのを適応します。
d0249630_12350868.jpg

上から順番(損傷の軽い順)に

①neurapraxia(ニューラプラクシア)
神経がちょっと傷んでいて回復する。

②axonotmesis(アクソノトメーシス)
①よりもう少し傷んでいるが回復の見込み有り。

③neurotmesis(ニューロトメーシス)
線維が完全に断裂しており手術以外では回復しない。

かなりざっくりですが、こんな感じで分けています。

問診や検査を経て①ないしは②と予想され、またその部位についておおよそ特定できましたから、必要となる治療方法と管理が決まり2ヶ月で80%、4ヶ月でほぼ完治しました。

いつも書きますが、どんな検査を行っても原因のわかるものとそうでないものがあります。
治癒率を上げるには、わかっている事に確実に従う事と「わからない事が何なのかをわかる事」が大切だと思います。
この例にも不確定要素はありましたが、それを最小限にする努力はしましたね。


はじめにも書きましたが、この症例は私の所に来ずとも(わざわざ病院を変えなくても)治った可能性が高いと予想されます。
病態の理解と予想される治療期間について、じゅうぶんなコミュニケーションがあれば二度手間は防げたと思いますね。

結果的に患者さんは喜んだので問題はないし、そもそも「二度手間」だと気付くのは私だけという事になりますから、どうでも良いといえばそうなんですけど、不景気だの医療費の削減だ何だと騒ぐご時世ですから、気付かないとはいえ患者さんに無駄な労力や出費を抑えさせてあげるのも親切というものじゃないかと考えたりもしますね。


追伸

専門家の皆さんには初歩中の初歩、一般の方には全体像が見渡せる内容にしたかったのですが、後半からグダグダになり申し訳ありませんな。


おしまい





はなわ治療院HPはこちらからどうぞ








.




[PR]
by real-incho | 2016-05-20 10:35 | 身体の話

平成28年5月19日現在のデータと
簡単な考察を加えます。
尚、実数の増加と結果の傾向に著しい変化が見られない為、数値の変更と簡単な追記だけしました。


※当院での治療方針により体重及び身体各部位の周径などの客観的データは取りません。
運動や食事の制限については患者さん個人の判断で行ったものです。(勿論何もしないという方も多数います)

※ダイエットにまつわる情報の提供は資格の許す範囲で、尚且つ、患者さんの要求により行っています。


以下の報告は
あくまで患者さんからの自己申告と感想に基づいて作成します。

【総数】
40名。内、女性37名男性3名。

【継続期間】
終了したものも含む。

1ヶ月:21名
2ヶ月:19名
3ヶ月:4名
4ヶ月:2名
5ヶ月:2名
7ヶ月:1名
12ヶ月以上:1名


【成績】

7kg減量:1名
4.5~5kg減量:3名
3kg減量:6名
2kg減量:3名
変化無し:25名
1kg増量:2名

減量2kg以上を「有効」とした場合

13/40≒33%に効果を認めた。
(当院独自の調べにより当初の有効数は
10-15%と見込んでいた。)

(※2kg未満の減量については日内変動を考慮して「効果無し」に分類しています。)

効果のあった13名について、その効果の出現時期をみてみます。

1ヶ月目:3名
2ヶ月目:7名
3ヶ月目:3名

対象人数が少な過ぎて実数から傾向は言えないが、概ね既存の理論と兼ね併せると
短期での効果が少ないというのは間違い無いようである。

ブレーキの要素として季節的に外食などの機会が増えた事も考えられること、定期の通院が困難になること、節制の指導が少ないことなどが考えられる。

【その他】

当院で提供する耳つぼダイエットの治療は
私の母校である明治鍼灸大学(現 明治国際医療大学)において享受した内容に準拠しており、世間のソレと同一なのかは知らない。

あくまで減量を目的とした治療でありながら、その他身体的変化を訴えた者があったので代表的なものを記載しておきます。

1.むくみが出にくくなった。
2.便通が改善した。
3.体重は変わらないが、腹が凹んだ気がする。
(この傾向は変わらず)


【考察】

治療によって効果をもたらしたと断定するにはまだまだデータ不足。
効果のあった13名の中には明確な意識をもって食事制限や運動に取り組んでいる者がいて、生活を全く変えずに減量した者はその半分以下である。
当初より予定していた成功率の低さから「ダイエットの一助」としての位置付けをお伝えしてきたが、その点に於いては満足のいく結果が得られていると思う。

ダイエットに関わらず「耳つぼ」「足つぼ」と呼ばれるものは、いわゆる東洋医学的な分類に有りながら「気」とか「経絡」などに代表される王道(あえて書く)からは一線を隔てた「反射区」と呼ばれるものを利用した方法で、その根拠に於いて更に不明瞭と言わざるを得ない。(それについては過去のブログを参照してもらいたい)

しかし長年にわたり多少なりとも結果を残してきた実績から封印するには惜しいものだという判断で提供に至っています。

迷走神経に含まれる副交感神経線維への刺激が視床下部に到達する事は想像に難く無いが、空腹中枢満腹中枢と呼ばれる部位に対しての作用機序は調べた範囲では未だ不明である。


今回の結果をもたらした要因として

1.ダイエットに対して元々意識が高く併用した事での追い風的な働き
2.出費、または治療の行為や言葉掛けによる意識の高まり
3.不明瞭ではあるが耳つぼへの刺鍼による作用

が挙げられる。

治療によって安心感を得たと思われる患者さんに増量の傾向が見えた事がその根拠のひとつである。

以上、現段階での結果を踏まえて「耳つぼ治療」そのものの「存在価値」はいずれの理由によっても証明されて良いのではないかと考える。

最後に、結果を見て「増量」する傾向が極めて少ない事にも注目される。

理論的に立証する術は無いが
その理由として
1.太り続けて困るという人は元々そんなに居ない
2.治療によって抑制がかかっている

事を考えた。

生体の恒常性を考慮すれば
良くも悪くも長期間安定した状態から
急激に痩せる太るなどの変化を受け容れにくい状況というのが考えられて、それは1ヶ月目から痩せる人が少ないという事からも言えると思う。赤ら様な食事制限や過度の運動は別の問題。

間違い無く言える事は
耳つぼ治療を行ったからといって
それまでに比べ食事量を増やしたり
運動を怠けても良いという事では無いと。


以上、報告でした。

ご不明な点などございましたら
遠慮無くお問い合わせ下さいな(笑)

追伸

宣伝の怠慢か、はたまた期待値に届かぬことで広がりをみせないのか
長く続けている割には母数が増えません。願わくば数百人単位のデータが欲しいところです。

治療に必要な通院条件を満たせる方が多くない事や、速効性を期待し過ぎて飽きてしまうという問題もあります。
いずれもこちらの声掛けが悪いのかもしれませんね^^;

最低週に1度(できれば2度)、たった3分の治療なのですが。

治療費が安い事や治療自体が簡素である事もおざなりになってしまう理由のひとつなのかもしれませんが、当初の目的を貫くという意味で内容を変えるつもりはありません。

(ツボの)専門家ではない職業の人が
高額な費用を取って期待値の低い商品を耳触りの良い宣伝文句に乗せて提供している状況ですから、その専門である鍼灸師が妥当だと思える金額で尚且つ生理学的根拠に併せ提供していきます。

ある大学の研究発表に
遺伝子的に体脂肪が制御されているという話題がありました。
残念な話ではありますが、事実として
痩せやすい人とそうでない人とがいるという事が立証された形です。

しかし、結局は人間です。
難易度は異なれど「痩せない」という事は絶対にありません。

身体を動かす事が好きな人
食事にこだわりのある人など
いろんなタイプの方がいるわけですが
それらに合わせて取り組みやすい方法を選択する事が大切ですね。

大規模な統計調査によれば
「継続率」が最も痩せる根拠になるという結果も出ています。

しんどい事は長続きし難いのは当たり前ですからね。

鍼灸師の行う「耳つぼダイエット」
試してみるのもよいのではないでしょうか。


ではまた。


追記
前回の更新からおよそ3年。
相変わらず耳つぼ患者数の増加は微々たるものですが、減量した人の割り合いが大幅に増加しました。
要因として

①深刻に減量を考えている人が多かった。
②具体的な方法について提案する事が増えた。

ことが考えられる。

以上。


はなわ治療院HPはこちらからどうぞ










.
[PR]
by real-incho | 2016-05-19 15:57 | 耳つぼ

第2ケーラー(Köhler)病


家事や育児、趣味やスポーツ、お仕事に毎日動き回る生活の中で「痛み」が邪魔をするというのは勘弁なりませんね。

誰しも苦痛から早急に逃れたい気持ちは一緒だと思いますが、治療する側になってみると申し訳けなく思っても「ある程度長引いてもやむをえない」という状況も出てきます。回復に一定の期間を要するものや、症状を悪化させる要因が除外し難いもの、打つ手が限られている場合などがそれになります。

そうはいっても「早くよくなりたい(してあげたい)」というのが人情ですから、あれやこれやと知恵を絞る毎日です。



さて
足の指の付け根が痛いという30代の女性がいました。右足人差し指の付け根です。
初診が私の所でしたから整形外科への受診を勧め『第2ケーラー(Köhler)病』との診断を受けました。

いつものように標準整形外科学(医学書院)から抜粋します。以下

第2ケーラー病
《中骨骨頭の無腐性壊死で、第2中足骨に多く、次いで第3、4中足骨にも発生する。10歳から17歳までの女性に多い。中足骨頭部の疼痛、腫脹、圧痛に始まり、進行した例では変形した骨頭に触れる。X線像では骨頭部の陰影が濃淡となり、分節や扁平化をきたす。進行例では関節裂隙が狭小化した関節症を示す。保存的には横アーチを付けた足底板が用いられる。関節症に至ったものには骨頭のくさび状骨切り術が行われる。関節症の発生頻度が高く予後はあまりよくない。》以上

d0249630_13203837.jpg

画像はネットから拝借。イメージです。


第2ケーラー病はFreiberg(フライバーグ、フライベルグ)病とも呼ばれます。上記抜粋では「予後はあまりよくない」とありますが、患者さんの年齢や初診時の程度によって回復に差があるようです。また、ネットでは「原因は不明」としながらも、履き物などによる患部への物理的且つ繰り返しの負担が原因のひとつとしていますが、10代女性に多いことを考えるとそればかりとは言い切れませんね。

今回の症例では症状が比較的軽微でX線検査の所見も軽度だった為、手術という選択肢はなく足底板の処方にとどまっていましたが、それでも多少の不自由があるという事で「何か方法はないか」という依頼になりました。

無腐性の骨壊死という点では過去ブログ「キーンベック(Kienböck)病」参照と同じような状況です。
しかし、手と違い足の場合は負担を避ける事がより困難になりますね。(何より固定が困難)

当院の考え方としては、足底板に加え、別の方法も組み合わせて患部への「あたり」を変えて様子をみるのがポイントです。
その為に、履き物や歩き方、足の骨格やそれに影響する筋肉の問題などを考えて処方します。

結局、症状がある程度おさまった状態で2年が経過する事になり、患者さんも妥協できる状態を維持しています。途中でX線検査を受けた事がありますが「所見は変わりませんね、具合が良いならそのまま様子を見ましょう」という話しになっています。

手術という最終手段には届かず、かといって生活に制限も出せず、苦痛は続くという状況の中で、どうすれば質を上げる事ができるのかを考えるのも大切なお仕事です。



おしまい




はなわ治療院HPはこちらからどうぞ









.



[PR]
by real-incho | 2016-05-19 11:39 | 身体の話

キーンベック(Kienböck)病


健康管理の第一歩は正しい知識からという事で、予約制で1人治療院のメリットを活かし細かい問診や症状の説明などに時間を割くことが多いです。

治療を提供する側としては「治す」という事に固執しがちですが、患者さんは必ずしもそうではなく、それが満たせない条件の中で如何に快適に過ごせるかを模索している事もしばしばですね。そもそも、健康に対する考え方も人それぞれで治るものならそれに越した事はないのですが。



さて、手首が痛いといって来院した患者さんがいました。
50代男性で数年前に病院でキーンベック病と診断。特定の動作で痛みが出てしまい不自由だが仕事を変える程ではない為、ずっとそのままにしておいたそうです。

まず、標準整形外科学(医学書院)からの抜粋です。以下

《【概念】月状骨の無腐性骨壊死症で、何らかの原因による月状骨への血行障害が本症を引き起こすと考えられている。青壮年男子に多く、特に大工など手に絶えず力が加わる職業の人に見られるので、外傷と関係があると考えられている。
【症状】手関節の掌背屈制限、運動痛、月状骨部の圧痛と腫脹が特徴的である。X線所見で月状骨に骨壊死を思わせる硬化、扁平化、分裂像が認められる。
【治療】手関節を装具などで固定する。この治療は長期にわたるので、労働者には早期に職場復帰できる手術的治療法が適切である。手術法には、月状骨有頭骨間固定術、月状骨摘出術、橈骨遠位部短縮術などがある。》以上。

キーンベック病は確かに青壮年の男性に多いですが女性や高齢者にも見られます。原因も、手にかかる負担ばかりとは言い切れない症例もあり誰にでも可能性がある病気(?)です。

手関節部には手根骨と呼ばれる小さな骨(8つ)が密集した部分があり月状骨はその一つなのですが、他の7つに無腐性壊死が少ない事を考えると、この骨の特徴が原因と関係ありそうですね。

d0249630_16314910.jpg

手首の骨の構造です。


①前腕の骨(橈骨)と接する位置にある。手をつく動作で圧力がかかる。
d0249630_16491642.jpg

*手首を掌背屈させた時に月状骨にかかる負荷のイメージ。

②靭帯の結合が弱く比較的不安定。
月状骨だけが飛び出したり、あるいは他の7つだけが飛び出す脱臼が多いなど、他との連絡が少ない。

③付着する筋肉を持たない。
骨を栄養する骨膜が少ない為、回復力が乏しい。

(④血管の分布に乏しく回復力が低い)

などが考えられます。

痛みの強いものなら社会復帰を考慮して手術が望ましいのでしょうが、微妙な症状の場合は難しくなりますね。

壊死を起こし変形した月状骨は元の形に戻ることがありませんから、手術以外を選択した場合は動作によって痛みが出ない(少ない)状態にしてやれば良いということになります。

当院では、動作時の月状骨の「あたり」が変わる様に徒手的に少しだけ位置を変えてみる方法をとり痛みの軽減を観察しました。
構造から察するに、この方法も全てに効果を上げるわけではありませんが、患者さんの希望によっては選択の価値はあると思っています。

ですから
「キーンベック病が治る」とは言いません。

手術をしない(したくない)症例の内、一部を回復に導くことができますよということです。

症状を回復させる為に休息が必要なものはたくさんありますが、原因が仕事だったりして簡単に休めないような状況の時には、コンスタントに治療を受けることや患者さん自身が病態を理解して振る舞い方を身に付けることが重要になります。「ああしろこうしろ」とか「これはやっちゃダメ」とか言っても「なぜそうしなければならないのか」がわからないとうまくいかないんですよね。

一般的に、病院などではこういった細かい話しを聞く機会は少ないと思い開業後は努めて実践することにしています。

お医者さんも当然この程度の事は知っていますが、患者さんの数などの関係でできないのが現状のようですし、固定と手術以外の手段については私のような立場の人間が少しでも補う事ができたらと思いますね。


治せるものは治しますし、残念ながらそうならないものには、どうするのがベターなのかをお話ししています。




おしまい。



はなわ治療院HPはこちらからどうぞ






.
[PR]
by real-incho | 2016-05-17 13:53 | 身体の話